BLOG - といかけ続ける日々

遠く遠く
21km…
それは遠い遠い道のり。

私は走る。ラジオ番組の企画のために。
いやいや違う(笑)、ワタシ自身のために。

というわけで、人生初の市民マラソン大会(?)
に挑戦した私、タオカミキ。
そんな今日のブログは実況風にお届けします。

*******************************************

えー、さて。
ニュージーランド・オークランド市内デボン港。
ここがスタート地点。



ただいま、現地時間5時45分です。
日本時間だと2時45分。

みんな寝てる今、
あと1時間後には、地球の裏側で、
走り始めようとする私。

そして南十字星は姿を消し…
朝日が昇る…
世界で最初の朝日らしい。



ギュウギュウのランナーは、まるで参拝客のよう。
そんな 「the 初詣」感を味わうのもつかの間…
いきなりスターーート!!(笑)



ちょっと、生意気にも前もって
コースの下見なんぞもしてみてた
(しかも2回も)わけですが
なのになのに、予想以上にきつい。
「こんな坂、あったっけ??」みたいな。



でも、私は走り続けるのです。
上り坂もノンストップ。
給水所も強気にスルー!

RUN!ミッキー!RUN!っす。



というのも、途中の13km地点、
ハーバーブリッジの手前で
「足切りタイム」というのがあって、
それに間に合わなければ、即終了なの。

なので、私はシャカリキ(コロンブス)に
走ったのです。



周りの選手に比べたら、コンパスも短くて
シャカシャカとまるで子どものような私。
それが珍しかったのか、
それとも気の毒に思われたのか
ふと感じる、ものすごい視線。

その方向を見ると、
そこには中国人と思われる老夫婦の姿。
なぜかその視線は、私一人にロックオン。

すると、中国語で
『加油!加油!!!
(がんばれ!※ちなみに、ジャーヨー!と聞こえる)』

よっしゃー!負けるもんかー!
確かに、油、いただきました!とさらに張り切る私。

すると見えてきたよ、ハーバーブリッジ。
ゴーストバスターズには負けないよ。



この景色がね、
オークランド・マラソンの醍醐味なんです。
本当に、絶景だった☆



念願のハーバーブリッジを渡り切った喜びもつかの間…
いきなりのペースダウン。
さっきの油、また分けて下さーい。

最後の給水所。
スポーツドリンクでチャージを試みる。
よし、なんかまた油いただいちゃった感じ。



ここまでくれば、ゴールまで残り3km。
頭の中は、終わったら何を食べようかとか
そんなことばかり。

というのも、私、東京の練習では18kmまでしか
走ったこと無かったから
ここから先は、未体験ゾーンなのです。
き、きつい… 脚が…

(そしてしばらく、記憶は途絶え…(笑))

おお、見えてきたー。



見事、ゴーーーール!
(※ゴールの写真は、前のブログを見てね。)

すごくきつかったけど、
なんだろう、この達成感&爽快感。

「自分で自分をほめてあげたい」(有森さん)
そんな感じでした。本当に。
私も、Qちゃんみたいにメダルをかじりたい、
そんな感じでした。

一方、ともに闘った
ニュージーランド航空の森田さん、
見事フルマラソン(私の倍!)完走!



番組ディレクターの梶本さんも見事ハーフ完走!



もちろん、リスナーの方も、
ツアーで参加された日本人の方も、
みんなみんな完走で、
一緒に良い思い出できました。

来年はあなたも!!

| URL | trackbacks(0) | メール |
この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
<< ゴール!!! | main | 私のモットー >>